女性有名人

うおやまは児玉潤で広島在住の漫画家!Twitterアカプロフィール

「ヤンキー君と白杖ガール」!2021年の今、テレビドラマで大人気ですね。
障害者をテーマにした異色のマンガです。このドラマはラブコメのようですが、実は障害者から見た社会問題をテーマにしています。

この漫画の原作者である漫画家の「うおやまさん」ですが、プロフィールとしては、広島生まれ広島育ちの漫画家なのです。

「うおやまさん」の代表作の「ヤンキー君と白杖ガール」は、ご自身の体験からこのようなラブコメ漫画を制作したようです。

ご自身のツイッターでは「ヤンキー君と白杖ガール」に関して制作に関する思いや、感想を載せていますね。

漫画家の「うおやまさん」は作品別に「うおやま」とペンネームの「児玉潤」を使い分けているようですね。

「児玉潤」としての作品も多くのファンを惹きつけているようです。

ここでは、様々なテーマを漫画で表現している「うおやまさん」のツイッターやプロフィールなどについて調べてみました。

うおやまは児玉潤!広島在住の漫画家

「ヤンキー君と白杖ガール」の原作者で漫画家の「うおやまさん」は、現在も広島県で作家活動を続けているようです。

残念ながら、「うおやまさん」自身の画像は見当たりませんでした。

プロフィールも公開していないので詳しい実態はわかっていません。

 

「児玉潤さん」のブログでは「ヤンキー君と白杖ガール」が世に出るまでの経緯などが書かれています。

ブログ内では本人も公開しているように、漫画家の「うおやまさん」と漫画家の「児玉潤さん」は同一人物だということがわかります。

「うおやまさん」は多くの漫画を発表していますが、ほとんどがラブコメ系の漫画です。

いま大人気の「ヤンキー君と白杖ガール」もラブコメ漫画ですが、この作品には作者の強いメッセージが込められているので、このメッセージがコミックスやテレビドラマを観たファンに伝わって欲しいですね。

 

うおやまツイッターアカ

うおやま公式Twitterはこちら https://twitter.com/uoyamangamanga

「うおやまさん」の公式ツイッターは、今現在テレビドラマ「ヤンキー君と白杖ガール」一色ですね。
テレビドラマのイメージが原作者の「うおやまさん」のイメージ通りだったのでしょうか。

テレビドラマを「うおやまさん」自身が楽しんで観ているようです。

このドラマを観た多くのファンがキュンキュン、ハラハラ、そして涙しているようですね。

テレビドラマが大人気な理由は、主人公ユキコさんと森生さんの演技力の素晴らしさだと思いますよね。

でも、ツイッターの中では原作漫画や手書きイラストなどが紹介されていています。このイラストの可愛さに惹かれて、原作漫画を手に取るファンも多いのではないでしょうか。

また、原作漫画は漫画として非常に面白くて、主人公ユキコさんの可愛らしさと、森生くんの感情の表現がとても面白く応援したくなりますよね。

 

うおやまプロフィール

今猫背でスマホ見てませんか?猫背だと作業効率が2倍も悪くなるようです。
猫背をスマホで知らせてくれる「ボタン」で姿勢を矯正できる製品があります。
こちらの猫背改善ウェアラブルデバイス

大人気な「ヤンキー君と白杖ガール」の原作者である漫画家の「うおやまさん」ですが、どのような人なのかプロフィールを調べてみました。

名前  うおやま(ペンネーム 児玉潤)
性別  女
身長  情報なし
体重  情報なし
出身  広島県
出身校  情報なし

残念ですが、ヤンキー君と白杖ガールの原作者「うおやまさん」の情報はあまり公開されていないようですね。

 

現在はウェブ配信により誰でも自分の作品を簡単に発表、公開することが出来るようになりましたが、

「うおやまさん」が大学を卒業する頃の出版業界は、作品を直接出版社に持込むか、マンガ賞などへ投稿などのアナログ方式な時代だったようです。

この頃、「うおやまさん」は漫画家としての下積みの時代であり、およそ10年間ほど契約社員で生活しながら、漫画家への夢を繋いでいたようですね。

その後、漫画家デビューが2013年、そして2018年に「ヤンキー君と白杖ガール」を発表しています。

ですから年齢としては、30代位になるのでしょうか。

うおやまは児玉潤!広島在住の漫画家Twitterアカプロフィールまとめ

漫画家「うおやまさん」の作品であるラブコメ漫画「ヤンキー君と白杖ガール」は、色々な経緯でテレビドラマまで制作されることになりました。

このドラマの原作は漫画であり、ストーリーは作者の体験談が元になっていて、お父さんの目の病気から色々と体験したので、どうしても伝えたいメッセージをこの作品に託したそうです。

原作者の「うおやまさん」は、今も広島在住の女性マンガ家だそうです。

作家さんがメディアに出演することは、一部の人を除いては多くはないと思いますしプロフィールの情報も少ないことはありますが、「うおやまさん」のプロフィールに関する情報は極端に少ないようですね。

でも、ご自身のツイッターでは作品に対する思いが投稿されています。

ツイッターの中ではテレビドラマをご自身が楽しんでいるようですね。

やはり、漫画をドラマ化しても原作とは別物になるので楽しめるのでしょうか。

今後、「うおやまさん」はどの様なジャンルの漫画に挑戦するのか楽しみです。

やはり、今まで意識でできなかったことに対して、楽しさと感動でメッセージを伝えるような作品が発表されることを期待しています。

 

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。