食品関係

ピーナッツの薄皮に含まれる成分・薄皮も食べるといい理由があった!

ingredients-of-peanut-skin

ピーナッツの薄皮には体にいい成分が含まれていることをご存じですか?

もしピーナッツの薄皮をむいて食べていたという方は見直してみることをおすすめします。

そこで、ピーナッツの薄皮にはどのような成分が含まれているのか、また、薄皮をむかずに食べるといい理由がここに詰まっています。

ここでは、ピーナッツの薄皮に含まれる成分や薄皮も食べるといい理由を検証します。

 

ピーナッツの薄皮に含まれる成分

1-1.ポリフェノール

ピーナッツにはポリフェノールが多く含まれています。

ほかにポリフェノールを多く含んでいる食品は

赤ワイン・ コーヒー・ 緑茶・ 紅茶・

チョコレート、ココア・ 大豆・ そば

 

ポリフェノールには抗酸化作用があり、血流の促進を促します。

ポリフェノールにも種類があり、特にレスベラトロールが含まれていることに注目すべきです。

 

1-2.レスベラトロール

レスベラトロールは、抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。

レスベラトロールを多く含む食品は

赤ワイン、黒ぶどうの種や皮、ピーナッツの薄皮

タマネギの薄皮、りんごの皮

ここで考察するに、ぶどうの皮や種、玉ねぎの薄皮を食べる人はあまりいないのではないでしょうか。

また、赤ワインを毎日飲む方もそうそういないと思います。

りんごの皮やピーナッツの薄皮なら食べる都度、食べることができそうですね。

ただしリンゴの皮はよく洗うことが前提です。なぜなら、農薬がついている可能性があるからですね。

 

レスベラトロールには

老化を防ぐ成分

長寿遺伝子のスイッチをオンにしてくれる成分

シミやしわ、そばかすといった肌トラブルを予防してくれるアンチエイジング成分

が入っているので注目が集まっています。

 

さらに、近年研究が進んでいく過程で、レスベラトロールには細胞のガン化抑制効果があることが期待されていることもわかってきました。

 

ピーナッツの薄皮も食べるといい理由

以上みてきたようにピーナッツの薄皮にはレスベラトロールという体にいい優れた成分が含まれています。

ということで、ピーナッツの薄皮を食べるといい理由は、レスベラトロールの効果がすごいからですね。

薄皮は簡単にむくことができますが、あまりにももったいないですね。

 

ピーナッツの薄皮もそのまま食べることで、アンチエイジングや血液サラサラ効果が得られるとなると、むかないことを選択するのではないでしょうか。

薄皮のないピーナッツはポリフェノールがゼロです。

 

薄皮をむいて食べていた方が、いきなり薄皮付きで食べるのは抵抗があるかもしれませんね。

しかし、慣れれば薄皮付きでも普通に食べられますよ。

お料理に使うときも薄皮が色取りのアクセントになっていい感じです^^

くれぐれも食わず嫌いにはならないようにしてくださいね。

 

ピーナッツの薄皮に含まれる成分・薄皮も食べるといい理由まとめ

ピーナッツの薄皮に含まれる成分は、ポリフェノールの中でも特にレスベラトロールという成分です。

レスベラトロールには、老化防止、長寿遺伝子をonにしてくれる、アンチエイジング、などの優れた効果があります。

また近年の研究では、細胞のガン化抑制効果があることもわかってきています。

ですから、ピーナッツを食べるなら薄皮付きのピーナッツを食べないと損します。

 

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。