女優

上白石萌音の実家はお金持ち?スペイン語と英語のトリリンガル勉強法

Kamishiraishi Mone's parents' home is rich

近年、ドラマや映画への出演のオファーが途切れない女優の上白石萌音さんですが、高く評価されているのは、演技力だけではないのだそう。

なんと、上白石萌音さんは、英語とスペイン語を話せるトリリンガルなのです。

その語学力を培った勉強法も気になるところですが、実家がお金持ちの噂も気になりますね。

今回の記事では、トリリンガルである上白石萌音さんの英語とスペイン語の勉強法と、実家がお金持ちの噂について調査した内容をまとめました。

上白石萌音の実家はお金持ち?

鹿児島県出身の上白石萌音さんには、実家は鹿児島の豪邸だとか、両親はお金持ちという噂があります。

しかし、上白石萌音さんの実家が公表されたことはありませんので、実家が豪邸かどうかは不明です。

ただ上白石萌音さんは、幼少期より、

ピアノ
クラシックバレエ
ミュージカルスクール『マリアミュージカルアカデミー』

と、お金のかかる習い事をたくさんされていますので、それなりに裕福な家庭なのかなとは思います。

上白石萌音の父親

上白石萌音さんのお父さんの職業は、中学校の社会科教師で、上白石修さんです。

勤務先の学校名などは公表されていませんが、

2006~2008年の3年間、メキシコの日本人学校で日本語教師として派遣されていた

という経歴を持ちます。

海外への教師の派遣には、勤務成績が優秀で、優れた資質がある教師でないと、参加できません。

また、上白石修さんは、教師の仕事だけではなく、研究職にも携わり、テレワークやネット学習についての研究を進めておられますので、一般的な中学教諭とは一線を画するようです。

上白石萌音の母親

一方、上白石萌音さんのお母さんの職業はピアノ講師で、上白石孝子さんです。

もともとは、中学校の音楽教師をされていましたが、お子さんを出産してからは、ピアノ教室を経営するようになったようです。

そんな上白石家の年収をざっくり計算してみました。

上白石家の年収

父親の年収を鹿児島県で働く小中学校の教師の平均年収である約700万円程度として、母親の年収は300万円程度と仮定します。

そうすると、上白石家の世帯年収は1000万円ですね。

やはり、裕福な家庭であることは、まちがいないでしょう。

上白石萌音はスペイン語と英語のトリリンガル

上白石萌音さんは、スペイン語と英語のトリリンガルです。

上白石萌音さんは、2020年3月14日発売の『ラジオ英会話』4月号より、翻訳連載をスタートしました。

また、翻訳家の河野万里子さんとの往復書簡で『赤毛のアン』の朗読に挑戦しています。

英語の書籍をペラペラと読む上白石萌音さんの発音は完璧です!

ハリウッド女優のローサ・サラザールさんとの対談
を通訳なしで務める上白石萌音さんの姿が放送されたこともありますので、英語力に関しては、かなりの実力があるようですね。

スペイン語に関しては、『おしゃれイズム』で、妹の上白石萌歌さんとスペイン語でやりとりする姿を披露したことがありました。

披露されたスペイン語は、挨拶程度だったのですが、なめらかな発音であり、やはり語学には強いんだなという印象を受けました。

上白石萌音のスペイン語と英語の勉強法

上白石萌音さんは、前述の通り、お父さんの仕事の関係で、小学生の頃に3年間、メキシコで過ごしました。

メキシコの公用語はスペイン語ですから、それでスペイン語が話せるのですね。

小学校3年生頃は吸収力がある年齢ですから、日常的にスペイン語を耳にして勉強できたのではないでしょうか。

しかし、メキシコで暮らしていたのは、随分と前なので、忘れてしまったと、上白石萌音さんは話しておられます。

しかし、日常会話程度ならできるそうなので、やる気になれば、すぐに習得できそうですね。

英語に関しては、上白石萌音さんは、明治大学国際日本学部を卒業しておられますので、かなり大学時代に英語を勉強されていたようです。

明治大学国際日本学部では英語の授業が多く、英語でプレゼンすることもあったようなので、自然と英語力は、鍛えられたようですね。

父親や母親が教育者であったことから、自主的に勉強することに関してはご両親の影響もあったのかななんて思います。

上白石萌音の実家はお金持ち?スペイン語と英語のトリリンガル勉強法まとめ

上白石萌音さんの実家はお金持ちで、スペイン語と英語のトリリンガルであること、語学の勉強法についてまとめました。

上白石萌音さんの実家が驚くほどのお金持ちなのかどうかはわかりませんでしたが、堅実な両親のもとで大切に育てられたことは確かです。

語学に関しては、噂通り、スペイン語と英語のトリリンガルだということもわかり、上白石萌音さんの多才さに改めてびっくりしました。

今後は、その語学力を生かした役どころにもどんどん挑戦してほしいですね。

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。