暮らし

使ってはいけないまつげ美容液の成分は?危険な商品とまつ毛育毛剤とは

Eyelash serum that should not be used

まつ毛を育てるためのまつ毛美容液ですが、中には使ってはいけないまつ毛美容液の危険な成分が含まれているものがあるということは知っていますか。

どうすれば危険なまつ毛美容液を避けられるのか、また選ぶポイントはどこにあるのか、気になってきました。

今回の記事では、使ってはいけない危険なまつ毛美容液の成分と、まつ毛美容液を選ぶポイントについて整理したいと思います。

使ってはいけないまつげ美容液の成分

化粧品

自己判断で使ってはいけないまつ毛美容液の成分は、ビマトプロストです。

ビマトプロストは非常に強い成分であり、まつ毛貧毛症の治療に使われます

日本では、医療品扱いになりますから、医師の指導の元で使用しなければならない成分です。

ビマトプロスト

ビマトプロストは眼圧を下げる目薬です。

緑内障や高眼圧症の治療に使います。
眼科医で処方される「点眼薬」の位置づけです。

ビマトプロストを使った副作用の症状は

目が充血する
目の痛みやかゆみや異物感
まぶたが腫れる
目の周囲が黒ずむ
まつ毛が長く太く濃くなるなどの異常
角膜障害(目の痛み、かすみ目など)

などがあります。

ところが、海外ではビマトプロストは市販品として扱われているため、ネットショップなどでは、簡単に、しかも安価で購入できてしまいます。

単なる強力なまつ毛美容液だからというつもりで、気軽に使用してしまうと、とんでもない副作用を起こすことがありますから、注意が必要です。

そもそも、

化粧品登録をされていないまつ毛美容液は使ってはいけない

ということも一つの目安にはなるでしょう。

使ってはいけない危険なまつげ美容液2つ

化粧品

使ってはいけない危険なまつげ美容液は、『ルミガン』と『ケアプロスト』です。

『ルミガン』と『ケアプロスト』は、まつ毛美容液ではなく、まつ毛育毛剤です。

『ルミガン』と『ケアプロスト』の主成分は、前述のビマトプロストです。

何度も言いますが、ビマトプロストは、本来、病院に行かないともらえない成分ですから、自己判断で使用することは非常に危険です。

ちなみにルミガンは、日本の病院で処方されるグラッシュビスタとまったく同じ成分となります。

グラッシュビスタとは

眼科

グラッシュビスタは、眼科で処方される外用薬です。

グラッシュビスタとは

上まつ毛の長さ・太さ・濃さを改善します。
まつ毛貧毛症(まつ毛が不足している、不十分である)の患者に処方されます。


グラッシュビスタの副作用としては

メラニンが増加することでまぶたが黒ずむ事がある
目の周りが多毛になる事がある
まぶたのかゆみやしみる、痛みが現れることがある


これらの自覚症状が持続するときは眼科を受信しましょう。放っておくと重い副作用に発展することがあります。

また、グラッシュビスタは治療薬として医療機関でのみ販売されていますから市販されていません。

まつ毛の貧毛でお悩みの方でまつ毛美容液より高い効果を得たい方は、眼科を受診してグラッシュビスタを処方してもらうという方法もありますね。

グラッシュビスタは、病院で処方されると2万円くらいかかりますが、海外のショップを通して、ネットでまとめ買いをすると、ひとつあたり3千円ほどで購入することができます。

とってもお買い得に見えますし、つい買ってしまいたくなりますが、一度も病院にかかっていない人が、ネットでこの商品を簡単に買ってしまうようなことは避けましょう。

まつ毛育毛剤を比較

化粧品

まつ毛育毛剤、いわゆる「まつ毛貧毛症」に使用されている治療薬は、

グラッシュビスタ

ルミガン

ケアプロスト

の3つです。


グラッシュビスタは厚生労働省の承認を受けた医療用医薬品です。

それに対してルミガンとケアプロストは日本国内での承認は受けていません。

ルミガンはグラッシュビスタのジェネリック医薬品ですから、グラッシュビスタより低価格です。

そして、ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品です。

したがって、そのお値段は高い順に

グラッシュビスタ>ルミガン>ケアプロスト

となります。

また、グラッシュビスタ・ルミガン・ケアプロストの3つとも、ビマトプロストが主な成分になっていますから、副作用はほとんど同じです。

引用元:アイシークリニック


まつげ貧毛症に使用される治療薬は以上の3つ。

眼科ではグラッシュビスタが品薄になると、ルミガンやケアプロストを処方するところもあるようですね。

眼科で処方してもらって正しい付け方をした方が間違いないです。

使ってはいけないまつげ美容液の成分と危険な商品名・選ぶポイントまとめ

化粧品と女性

今回は、自己判断で使うべきではないまつげ美容液と危険な商品、まつ毛美容液を選ぶポイントについてまとめました。

注意が必要なまつげ美容液の成分は、ビマトプロストで、これは、まつ毛美容液ではなく、まつ毛育毛剤です。

また、使ってはいけない危険なまつげ美容液は、ルミガンとケアプロストです。

まつ毛を伸ばしたり増やす効果は大きいかもしれませんが、その分、副作用も大きいことを心に留めておきましょう。

また、まつ毛美容液を選ぶ際には、ご自身のまつ毛に必要な成分をしっかりと見極め、成分表を確認してから買うようにしましょう。

まつ毛美容液で色素沈着を予防する方法や治し方など

まつ毛の育毛ならオーガニックがいい?!美容液の全成分も表示している皮膚に優しいまつ毛美容液8選はこちら

まつ毛の育毛ならオーガニックがいい皮膚に優しいまつ毛美容液8選
まつ毛美容液プチプラランキング人気おすすめ5選
まつ毛美容液の色素沈着を予防する方法や治し方
まつ毛美容液はどこに塗る?注意点や塗るタイミング
目に入らない方法!目に入ったら?精巧な偽物とは
色素沈着しないまつ毛美容液・人気の色素沈着しにくい美容液8つ紹介

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。