暮らし

新しい布団ダニでかゆいなら布団丸ごと交換!ディーガードでブロック

new futon-mite-itchy

新しい布団を買ったけどなんかかゆい!という経験はないでしょうか?

かゆいのはダニのせいかもしれません。

それなら布団を丸ごと交換する方法もあります。

せっかく買った布団だから手放したくないのはごもっともですが、かゆい原因を今すぐ取り除くならダニがいる布団を捨てて、新しくダニを通さない布団ディーガードを使ってみるのも一つの手です。

布団ダニでかゆい思いから今すぐおさらばしたい方は、布団を丸ごと交換しましょう。

ダニを通さない布団ディーガードをご紹介しましょう!

布団ダニでかゆい!5つの対策

布団に入ったときになんかかゆいって時は、ダニが原因かもしれません。

ダニを駆除するにはいくつかの方法があります。

布団ダニ対策の基本5つ

  1. 布団を天日干しする
  2. 布団を丸洗いする
  3. 布団乾燥機を使う
  4. 布団に掃除機をかける
  5. ダニ取りシートや除湿シートを使う

1.布団を天日干しする

布団を天日干しすると布団の湿気を取り除き、ダニの繁殖を予防することができます。

布団を天日干ししただけではダニを死滅させることはできません。日光の届かない裏側に集まっていくので、こまめに裏表を干さなければなりません。

なので、布団天日干し用の袋や黒い袋などの熱を吸収しやすいものを利用します。

2.布団を丸洗いする

布団を丸洗いすると、ダニの死骸や糞などを除去することができます。

しかし、生きているダニは布団の繊維にしがみつく習性を持っているので、駆除はできません。

布団を丸洗いした後は中まで十分乾燥させ、湿気を取り除くことが肝要です。

場合によっては、布団宅配クリーニング専門業者に依頼するのがいいです。高温乾燥させるのでダニが死滅します。

一枚ずつ丸洗いする布団クリーニング業者ならなお安心ですね。

3.布団乾燥機を使う

ダニ駆除機能の付いた布団乾燥機ならなおいいです。

布団乾燥機で高温乾燥させるとダニを死滅させることができます。

ただし、週一で使用するなら意味がないようです。使用するときは連続して数日は使うと効果が出るようです。

コインランドリーの布団乾燥機は、家庭用の布団乾燥機より高い温度で乾燥できます。

布団によっては乾燥機にかけられないものがあるので、洗濯表示を確認しましょう。

4.布団に掃除機をかける

布団にはダニの死骸や糞などのアレルゲンがあります。生きたダニは掃除機で吸い取ることはできませんが、アレルゲンは取り除くことができます。

布団専用の掃除機もありますが、一般の掃除機なら吸引力の高い方を使うとよいでしょう。

5.ダニ取りシートや除湿シートを使う

ダニ取りシートには即効性はありませんが、ダニを集めて捨てることができます。

ダニ取りシートを布団の下に敷くと、即ダニが寄ってくるというものでもありません。徐々に1匹2匹と集まって動けなくなります。

また、除湿シートは、湿りがちな布団を乾燥させて、ダニの繁殖を予防することができます。

ダニは高温多湿で暗いところを好みます。

雨が続いてじめじめした日には、部屋を乾燥させるためにエアコンの除湿モードを使うという方法もあります。

布団丸ごと交換

布団ダニが気になる方は、布団を丸ごと交換する方法が最も楽です^^

ダニ対策として、天日干しとか丸洗いとか、いろいろありますが、デメリットとして費用と手間がいります。

手間をかければダニがいなくなるかというとそうとも言い切れず、ダニは知らず知らずのうちに繁殖するので、継続してお手入れする必要があります。

また、部屋も清潔に保たなければなりません。

布団を買い換える目安としては、掛ふとんは5年、敷ふとんは3年といわれています。

ダニがいる布団は捨てて、新しいダニを通さない布団を購入したほうが安心かもしれませんね。

売れてます。生地表面からのダニ通過率0%の布団。【ディーガード】

ディーガードのような高密度生地を使用した布団なら、ダニが布団の中に入り込めないので、布団の中で繁殖する心配がありません。

ダニを通さない布団ディーガードとは?


ディーガードとは、ダニの侵入を防ぐ布団です。

ディーガードは、布団表面からのダニの侵入を許しません。

もしもどこかで新品の布団を買ったとしても、ダニがいないとは言い切れません。なぜなら、購入するまでにダニが布団に侵入している可能性があるからです。

その点、ディーガードは、ダニが侵入できないような表布になっているようです。

ディーガードは、0.3デニールの超極細繊維を高密度に織り上げた生地を使っていて、ダニが入り込むことができないように、繊維が隙間なく織られているのだそうです。

しかしながら、ダニが侵入できる余地があることは事実です。シーツの縫い目の針穴や縫い合わせ部分やチャック部分から侵入する事が出来ますよね。

残念ながら、ダニが1匹も布団に侵入しないなんていうダニ対策布団はないようです。

ディーガードは通気性高くつくられているので、布団内部の湿度が上がってカビやダニが繁殖しやすくなる心配はありません。

また、ディーガードには5年間の長期保証がついています。

メディアにも多数取り上げられています。特に赤ちゃん関連メディアですね。

新しい布団ダニでかゆいなら布団丸ごと交換!ディーガードでブロックまとめ

布団ダニ対策は知識としていろいろ持っていると思いますが、思い切って布団自体を変えることも一つの選択肢です。

布団の寿命は敷布団3年、掛布団5年と言われています。

それ以上使っている布団はダニが大量に発生しているかもしれません。

ダニ対策するのが面倒だし時間もない、手間や時間を使いたくないって人は、ダニを通さない布団ディーガードを買ってみるのもいいかもしれませんね。【ディーガード】公式サイトはコチラ

ダニを通さない布団ディーガードなら、睡眠中の一時の安心感を手に入れられます^^

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。