暮らし

ナイトブラ昼間つけても大丈夫?ナイトブラとスポーツブラの違いは?

Is it okay to wear a night bra during the day?

皆さんはいつもどんなブラをつけていますか?

ブラの使い分け、していますか?

夜寝るときにつけるナイトブラは昼間につけても大丈夫なのでしょうか。

ナイトブラとスポーツブラの違いって何でしょうか。

今回は“ナイトブラ昼間つけても大丈夫?ナイトブラとスポーツブラの違いは?”について調べてみますね。

ナイトブラ昼間つけても大丈夫?

ブラジャーを付けた女性画像

答えからいうとNOです。

日中につけるブラは立った姿勢に合わせて設計されています。

立ち姿勢の時、胸は重力に従い下に重さがかかっています。

そのため、昼間につける通常のブラは下面をホールドするようにできています。

そして、ホールド力をさらに強化するために多くのブラにはワイヤーが入っています。

しかし、もしナイトブラを日中につけていた場合きちんと下からのサポートが得られず胸は下に引っ張られてしまいます。

すると胸を支えるクーパー靭帯は伸び胸は垂れ下がり、取り返しのつかないことになってしまいます。

ですので場面場面に合ったブラの使い方を知っておく必要がありますね。

ナイトブラとは

横になる女性

ナイトブラとはその名の通り夜に着けるブラで、寝るときの横になった姿勢に適した設計となっています。

横になると胸はどうしても上下左右に流れてしまいます。

それに伴い流れた胸の重みでクーパー靭帯は引っ張られ伸びてしまい、垂れ乳、離れ乳、型崩れ、といった原因を引き起こしてしまいます。

一度伸びてしまったクーパー靭帯はもう戻ることはありません。

そこで胸が流れてしまわないように側面からのサポートを強化したのがナイトブラです。

ナイトブラを付けることによって胸の流れを最小限に留め、また締め付けることなく適度なサポートで安定感を得られ安眠できるように考えられています。

肌触りが重視されレースや装飾がほとんど施されていないのも特徴で、バストケアと睡眠の質の向上の両方を兼ね揃えたブラです。

スポーツブラとは

スポーツブラジャーを付けた女性

スポーツをしている時って意外と胸は揺れています。

胸が揺れるとクーパー靭帯も引っ張られ伸びていきます。

そうすると胸の下垂の原因となってしまいますね。

そこで胸の揺れを最小限にするよう胸全体をサポートしたものがスポーツブラです。

しっかりと胸を固定し、尚且つ動きやすくズレにくく設計されています。

また大量に汗をかくことを想定し、蒸れにくく速乾性のある生地が使用されています。

ジョギングや球技など激しく動くスポーツにはハイサポートタイプ、ジムやフィットネスなどの運動にはミディアムサポートタイプ、ヨガやピラティスなどのゆったりとした動きにはライトサポートタイプ、などシーンによってタイプを選ぶことができます。

胸を揺らさないことでスポーツ時のパフォーマンスが上がることも証明されています。

スポーツブラってスポーツ時にはとっても重要なのですね。

最近ではスポーツメーカーからデザイン性の高いお洒落なスポーツブラが沢山出ていますのでつけていると気分も上がりそうですね。

ナイトブラとスポーツブラの違い

キャミソール(ブラジャーカップ付き)を着けた女性

ナイトブラとスポーツブラの違いはホールドする位置です。

どちらもノンワイヤーであることは共通ですが、ナイトブラは胸が横に流れるのを防ぐよう側面のサポートが強化されており、スポーツブラは胸が揺れないよう胸全体をサポートするようになっています。

全く機能が違いますので使い分けが必須ですね。

スポーツブラは日中普段使いをすることも可能ですが、ナイトブラは日中には絶対におすすめしません。

ナイトブラ昼間つけても大丈夫?ナイトブラとスポーツブラの違いまとめ

スポーツブラジャーを付けた女性

〇ナイトブラは昼間はNG

〇ナイトブラは寝姿勢で胸が横に流れるのを防ぐもの

〇スポーツブラは胸全体を固定し激しい揺れから守るもの

以上、“ナイトブラ昼間つけても大丈夫?ナイトブラとスポーツブラの違い”についてまとめました。

それぞれの機能を理解して適切にブラをつけ、いつまでも美しい胸をキープしていきたいですね。

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。