文化人

長谷川町子の遺産が莫大すぎる自宅は世田谷・美術館と記念館も運営中

The heritage of Machiko Hasegawa is enormous

国民的アニメ『サザエさん』の作者である長谷川町子さんは、遺産や自宅の大きさがすごいと言われています。

長谷川町子さんの自宅があると言われている世田谷には、長谷川町子美術館や長谷川町子記念館もありますね。

今回の記事では、長谷川町子さんの自宅や遺産のこと、そして、美術館や記念館に関する情報をご紹介します。

長谷川町子の遺産が莫大すぎる

長谷川町子さんは姉の毬子さんと一緒に出版社『姉妹社』を1947年に設立しました。

『姉妹社』は、『サザエさん』の単行本第1巻から、合計68巻を発行しています。

これだけのベストセラー漫画ですから、長谷川町子さんは、億単位の印税や使用料を稼いだことになりますね。

長谷川町子さんは、1992年72歳の時、心不全で亡くなっておられますが、数十億円もの遺産があったのだそうです。

長谷川町子さんは生涯独身であったため、遺産の大部分は、姉である毬子さんが相続したと思われますが、そのお姉さんも、2012年に亡くなられています。

長谷川町子の自宅は世田谷区の豪邸?

長谷川町子さんの自宅は、サザエさんの舞台である世田谷区桜新町にある和風豪邸です。

1950年におよそ640坪ある敷地に新築されました。

サザエさんたち大家族が住んでいるお家もかなり大きいと思われますが、あの家は長谷川町子さんの自宅をイメージして描かれているのかもしれませんね。

生涯独身だった長谷川町子さんが、サザエさんたちの家の規模の自宅に住んでいたのだとすれば、本当にめちゃくちゃ豪邸です!

世田谷区桜新町は、東急田園都市線で渋谷駅から4つ目にあり、住宅地として人気の高い駅として知られています。

桜新町の象徴は、もちろん『サザエさん』で、駅前には、サザエさん一家の銅像があり、商店街の店舗にはサザエさん一家のイラストが飾られています。

サザエさんに登場する磯野家御用達の酒屋・三河屋は数年前まで実在していたのだそうですし、駅からほど近い場所にある桜町不動産は、カツオくんの同級生である花沢さんの実家として描かれている花沢不動産のモデルなのだそうです。

ちなみに、長谷川町子美術館も桜新町1丁目にありますよ。

長谷川町子さんは、自分が住む街の雰囲気をそのまま作品の中に投影していたのでしょう。

長谷川町子美術館

長谷川町子美術館は、長谷川町子さんと姉の長谷川毬子さんが集めた美術品を展示している個人美術館です。

長谷川町子美術館は、一般財団法人長谷川町子美術館によって運営されています。長谷川町子の作品の著作権の管理も行っています。

一般財団法人とは

・非営利法人です。
・団体の公益性の有無や活動目的の内容は問われない。
・一定の財産があれば誰でも設立できます。

一般財団法人を設立するには300万円以上の財産を拠出することが条件になっています。拠出された財産は、一定の目的のために利用します。
ここでは、拠出された財産の運用利益を活動の原資として事業を継続します。

『町子』コーナーでは、漫画の原画や菊人形、絵画、磯野家の家系図、磯野家の間取りのミニチュアなどが見学でき、サザエさんのアニメ映像も見ることができます。

ここでしか購入できないオリジナルグッズも多数販売されていますので、サザエさんファンなら一度は訪れたいですね。

毎年、夏休みには、フジテレビが、アニメサザエさん展を開催しており、イベントとの連動企画は、家族連れにたいへん好評です。

また、桜新町駅から美術館までの通りは、サザエさん通りと呼ばれ、沿道にはサザエさん一家の銅像が立ち並んでいますので、美術館への道も楽しいですね。

長谷川町子美術館の住所

長谷川町子美術館

〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目30−6

<開館時間>

午前10時 - 午後5時30分(入館は午後4時30分まで)

<休館日>

月曜日(祝日の場合はその翌日)・年末年始・展示入替期間

<アクセス方法>

1.東急田園都市線・桜新町駅西口より徒歩7分

2.JR 山手線目黒駅より東急バス・弦巻営業所行き(黒07系統)にて桜新町一丁目下車、徒歩1分

3.東急東横線・都立大学駅北口より東急バス・成城学園前行き(都立01系統)にて桜新町一丁目下車、徒歩1分

<入館料>

下記入館料は、美術館と記念館の料金を含む

一般 - 900(800)円

65歳以上 - 800(700)円

高・大生 - 500(400)円

小・中生 - 400(300)円

なお、()内は20名以上の団体、障害者手帳の所有者とその介添者

長谷川町子記念館もある 

長谷川町子記念館は、長谷川町子さんの生誕100周年を記念して2020年7月11日にオープンしました。

長谷川町子記念館は、長谷川町子美術館の道を隔てた向かいにあります。

元長谷川町子邸があった跡地と言われています。

長谷川町子記念館の住所

長谷川町子記念館

〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目29

<営業時間>

午前10時~午後17時30分

代表作である『サザエさん』『エプロンおばさん』『いじわるばあさん』の三大作品にまつわるものや、長谷川町子さんの人となりや仕事の全貌がわかるような展示が、常設されています。

SHOP&CAFEも同時にオープンしました。

料金などは、長谷川町子美術館と共通していますので、2館一緒に楽しむことができますね。

長谷川町子の遺産が莫大すぎる自宅は世田谷・美術館と記念館まとめ

今回は、長谷川町子の莫大すぎる遺産や、世田谷区桜新町にある自宅や、美術館と記念館についてまとめました。

長谷川町子さんの自宅は、サザエさんたちのお家のような大きな家であるようで、びっくりしました。

また、長谷川町子さんのお家は世田谷区にあったようですが、サザエさんの舞台もまた世田谷区です。

美術館や記念館も世田谷区新桜町ですので、街自体が、ひとつの大きなテーマパークのようなのかもしれませんね。

長谷川町子の姉との確執?や妹の性格やプロフィールなど

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。