知識

エージェント契約とマネジメント契約の違いは?メリットデメリットも

agent-contract-and-management-contract

 

吉本興業が、新しい契約の形として、エージェント契約の制度を導入したことが話題になっています。

従来のマネジメント契約との違いや、それぞれのメリットとデメリットが気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、エージェント契約とマネジメント契約の違いと、それぞれのメリット・デメリットについてまとめていきたいと思います。

 

エージェント契約とマネジメント契約の違い

マネジメントとは、成果を求めるべく組織を管理することです。

マネジメント契約の場合、芸能事務所が、タレントの育成からメディアへの売り込みまでおこないます。

 

それに対して、エージェントは、本人に代わって取引や契約等をする代理人を指します。

エージェント契約の場合、タレント自身が主体になって動くことが基本であり、芸能活動に必要な業務ごとにエージェント(代理人)を置く必要が生じます。

※欧米では、このやり方が主流です。

 

エージェント契約とは

エージェント契約は、いわば、フリーランスに近い働き方です。

エージェントから仕事の依頼があったとしても、

その仕事を受けるかどうかは、タレント自身が決めます。

仕事の選択ができる上に、ギャラの確認もできますので、ギャラのトラブルの解決策にもなります。

 

完全なフリーランスと違う点は、

事務所を挟むことで、クライアント(依頼主)に買い叩かれるリスクを回避できるところです。

 

エージェント契約しているタレントは、事前に仕事内容をすべて把握しているため、ドッキリなどの仕事を受けることは基本的にないということになります。

芸能人としては、仕事の幅は、少し狭くなってしまいそうですね。

 

マネジメント契約とは

マネジメント契約とは、

事務所が仕事を取ってくるという形であり、業務全般を事務所が請け負っている形態です。

 

事務所が、契約交渉やスケジュール、税務や法務などのサポートまで、すべてそのタレントについて管理します。

マネジメント契約は、多くのタレントにとって必要不可欠な契約ですが、長時間の稼働を強いられたり、報酬があまりにも低かったり、やりたくない仕事を強制される可能性があります。

 

エージェント契約とマネジメント契約のメリットデメリット

デメリット

メリットが多いように見えるエージェント契約ですが、エージェント契約の場合は、

自分を売り込む力が必要

となります。

そのタレントが仕事を引き受けるのかどうかの確認を取らなければならないため、事務所としてはひと手間余分な作業がかかります。

ですから、社会的認知や人気があり、ステータスが高いタレントにとっては、有利な契約ですが、これから売り出していかなければならないタレントにとっては、厳しい契約になります。

つまり、まだテレビなどのメディアへの露出が少ないタレントにとっては、選択するメリットのない契約ですね。

 

メリット

マネジメント契約のメリットは、

事務所がその仕事を受けるか受けないかを決めることができますので、クライアントにスムーズに仕事依頼の返事ができます。

ですから、事務所としては、マネジメント契約のタレントには、仕事をまわしやすくなりますね。

 

マネジメント契約は、エージェント契約の場合と比べると、ギャラの取り分ははるかに低くなりますが、コンスタントに仕事をもらうことができますので、そういう面では安心な契約ですね。

 

エージェント契約とマネジメント契約の違いは?メリットデメリットまとめ

今回は、ギャラ問題の解決策として、導入されたエージェント契約と、従来のマネジメント契約の違いについて、解説しました。

それぞれにメリットとデメリットはあるようですね。

しかし、救いの一手になるかと思われたエージェント契約は、若手のタレントにとってはほとんど意味のない契約であり、なかなかタレントにとって厳しい現実は変わらないことがわかりました。

 

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。