スポーツ

新庄剛志の生い立ちや高校時代・現在の住まいは?バリ生活や自宅など

野球界で、唯一無二の存在としてファンを魅了してきた新庄剛志。その新庄剛志はプロ野球引退後どうなっているのでしょうか。

この記事では、まず新庄剛志の華やかなイメージとは違う、

  • 貧乏だった生い立ち
  • 人一倍練習に明け暮れた高校時代

等のエピソードを紹介します。

その意外な生い立ちや高校時代の話で、新庄剛志が才能だけでなくいかに努力してきたか分かります。

そして、

  • 引退後のバリでの生活と自宅の様子
  • 現在の住まいはどうなっているのか

にふれていきます。バリでは豪華な自宅に住んでいましたが、その後家賃3万円の6畳ワンルームに引っ越して質素な生活になりました。

現在は東京に戻り、住まいは池袋で家賃35万円の屋上練習場付きのビルです。

プロ野球引退後もかわらずそのスター性で、我々を楽しませてくれる新庄剛志にあらためて興味がわくでしょう。

 

新庄剛志の生い立ち

新庄剛志の貧乏な幼少期

新庄剛志といえば華やかなイメージがありますが、家はかなり貧乏だったようです。

新庄剛志は福岡県で生まれ、父は造園業を営んでいました。

朝食はなく、昼に給食を食べて、夜はゆで卵一個だったこともあるそうです。

家の窓が割れても修理するお金がなくそのままにしてたくらい、お金がなかったのです。

野球のスパイクが買えずに、学校のゴム製の上履きで練習をしていました。

プロになって億のお金を稼いだとき、人一倍ゴージャスな生活をしていたのは、そうした生い立ちからくる反動だったのかもしれません。

 

新庄剛志は負けず嫌い!

新庄剛志は小さい頃から、極度の負けず嫌いでした。

小学校の町内対抗試合で、審判の判定に納得がいかず、ひとり泣きながら食ってかかりました。

その悔しさを晴らすため、新庄はあらたにメンバーを集めチームをつくります。

そのチームは結成1か月後に福岡県大会で3位になりました。

プロ野球選手にしたかった父のスパルタ指導にも、泣きながらくらいついて、決して弱音を吐くことはなかったそうです。

 

新庄剛志の高校時代

 

ケタ外れの運動神経

新庄は父親の勧めで、日本短期大学付属高等学校の野球部に入ります。

新庄はとにかく運動神経が他の部員と比べて、飛びぬけていました。

当時同じ野球部にいた西村慎太郎氏は、「今までみたことがないんですよ。あんなボールを投げるやつは。」と言っています。

肩の強さが凄かったみたいです。

また体力もあり、「なぜそんなに走れるのか」と西村は驚いたそうです。

 

夜中までやる程の練習量

新庄は練習量も半端ではありませんでした。

寮生活の新庄は、夜中まで素振りの練習をし、親からの電話にもでませんでした。

その時は同級生も声をかけれない程のオーラを纏っていたそうです。

 

新庄剛志のバリ生活

 

金銭トラブルでバリに移住

新庄は、日本とアメリカで合わせて17年間プロ野球で活躍し、約44億円稼いでいました。

そして、その44億円を知人のAさんに預けます。

新庄の計算では、44億円から税金を差し引いた22億円が自分のもとに残るはずでした。

 

そしてその22億円をもってバリに移住しようとしましたが、なんとそのAさんは、そのお金をすべて自身の会社の運営資金に使い、最終的には自己破産してしまいます。

納得いかない新庄は裁判をおこしますが、戻ってきたのは残っていた2200万円と、裁判で勝ち取った8000万円だけでした。

 

Aさんを信用していた新庄は、かなりショックをうけたみたいです。

その資金を持って新庄はバリに移住し、大きなガレージやサウナ、トレーニングルーム完備の地上3階建8LDKの豪邸に住みます。

 

その後資金がなくなり、なんと家賃3万円の6畳ワンルームのアパートで暮らすことになります。

以前のゴージャスな暮らしととはかけ離れた質素な生活です。

 

現役復帰を決意

そして新庄は、そのアパート生活で現役復帰することを決意します。

自身のチャレンジ精神と野球への情熱の他、

  • 難病の姉にプレーする姿を見せたい
  • 40、50代の人たちに勇気を与えたい

という思いがあったみたいです。

 

朝は素振りと筋トレをし、午後はグラウンドで練習。

バリには野球場がないためサッカー場で練習をします。

夕方からは再び筋トレし、ストイックに自分を追い込みます。

その後、2020年8月日本に帰国し、現役復帰に向けて動き出します。

同年12月に12球団合同トライアウトを受験しますが、残念ながらオファーはなく現役復帰の夢はかないませんでした。

 

新庄剛志の現在の住まい・自宅

 

バリからトライアウトの為日本に帰国した新庄は、家賃35万円の一軒家に住みます。

場所は池袋で、駐車場やスタッフ専用の部屋があり、屋上に練習設備がある3階建てです。

日本に帰国してから、メディアに出演しお金を稼いで、一軒家を借りることができたそうです。

 

テレビ番組では、隠すことなく堂々と公開しています。

バリの家はすべて引き払い、これからは日本で生活するみたいです。

 

新庄剛志の生い立ちや高校時代・現在の住まい・バリ生活や自宅まとめ

 

この記事では、新庄の生い立ちから現在の様子までをまとめました。

新庄は、華やかで天才のイメージがありましたが、実際は逆境から這い上がり、陰で人一倍努力してきた人のようです。

お金を失った後は、世間的にはみじめな生活をしていたかもしれませんが、そんな暮らしでも新庄は、腐ることなく、その状況を楽しみ前向きに夢に挑戦していきます。

現役復帰の夢はかないませんでしたが、新庄が今後、どのように野球ファンを楽しませてくれるのか注目です。

 

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。