暮らし

タングルティーザーはなぜ髪がサラサラになる?寝ぐせもくし通りスッ!

Why Tangle Teezer Makes Hair Smooth

タングルティーザーを使った人が髪をとかしやすい、サラサラになったようだ、と口コミの評判もいい感じですね。

ではなぜタングルティーザーで髪をとかすとサラサラになるのか理由を探ってみましょう。

また、日常のお手入れの仕方も知りたいですね。

タングルティーザーで髪がサラサラになった口コミ

タングルティーザーはなぜ髪がサラサラになる?

タングルティーザーはブラッシング用ブラシです。タングルティーザー公式はこちら

タングルティーザーでなぜ髪がサラサラになるのか?

タングルティーザーでなぜ髪がサラサラになるのか?は、以下の3つの特徴によるものですね。

緻密に研究された結果、2段構造が最も髪にかかる負担を軽くし、本来の髪を守ることができると結論付けられたわけです。

タングルティーザー独自の3つの特徴

https://twitter.com/mugi_qs/status/1486242640677208067

タングルティーザーならではのこだわりが詰まった特徴を見ていきましょう!

1.二段構造

タングルティーザーのブラシの構造は、長短2つのブラシで構成された二段構造になっています。

この「長短二段構造」は、日本、イギリス、EUで特許を取得しています。

二段構造の特徴は、ブラッシングによって髪に与えるダメージを緩和したり、ブラシと髪の摩擦を最小限に抑えたりすることです。

髪のもつれや絡まった部分をときほぐすのは長い方のブラシで、髪のキューティクルを整える働きをするのが短いほうのブラシの役割になっています。

髪へのダメージを最小限に抑えながら、より効果的に絡まりを解きほぐせる構造は「二段」ということを結論付けられました。

2.素材

タングルティーザーは、米国デュポン社が開発した特殊素材で作られたブラシです。

素材はゴムとプラスティックの中間の柔らかさを出すことのできる素材を使用しているとこのと。

硬すぎず柔らかすぎない素材を使うことで、髪にかかる負担を少なくして、梳かしやすさが実現できていわけですね。

髪を梳かす時に適度にしなることで丁度いい力加減で梳かせるようになっているようです。

3.形

タングルティーザーの形は、柄の部分をなくし、手で握りこむ構造になっています。

これは、ブラシに均等に力がかかることで、髪への負担が軽くなる仕組みですね。

この形状は人間工学に基づき計算された結果だそうです。

ブラシに均等に力が加えられると、髪を梳かす力が分散され、もつれた髪を無理に引っ張ることもないそうです。

タングルティーザーの優れた効果はこちらで確認できます。

タングルティーザーお手入れの仕方

 

動画が一番わかりやすいです!

お手入れは簡単!

1.つまようじなどで髪の毛を取り除く

2.使い終わりの歯ブラシに中性洗剤を付け、ブラシ部分の汚れを取る。

3.ぬるま湯か水でブラシ部分をすすぐ。

4。水気をふき取り自然乾燥する。

 

タングルティーザーはなぜ髪がサラサラになる?ブラッシング用ブラシまとめ

タングルティーザーでなぜ髪がサラサラになるのか?については、タングルティーザーのもつ二段構造や素材、そしてその形に最も特徴が表れていました。

タングルティーザー公式サイトで見てみる

以上タングルティーザーまとめでした。

こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。