食品関係

シークワーサーって何科で1日何個何g何ccまで?収穫時期や味は?

What kind of department is Shikuwasa

シークワーサーは沖縄を代表する有名な果物です。
有名な果物とはいえ、シークワーサー全ての味を知っている人は少ないのではないでしょうか。

また、シークワーサーの収穫時期はいつかなど。


シークワーサーには栄養成分がたくさん含まれています。ですから一日何個で、さらに言えば何g何㏄くらい食べても大丈夫なのか知っておきたいですよね。

シークワーサーが何科の果物なのかなど、正体を正しく知っている人は多くないと思います。

シークワーサーの収穫時期や食べ頃、そして食べるとしたら一日何個とか制限があるのか? また何科の果物なのかなどの情報を知っていれば安心して食べることができます。

ここでは、沖縄のスーパーフードと言われているシークワーサーの正体について調べてみました。

シークワーサーって何科で収穫時期はいつ?

シークワーサー

「シークワーサー」とは別名ヒラミレモンと言われ、本来台湾や南西諸島周辺に自生するミカン系の柑橘類です。

沖縄のソウルフードシークワーサーの収穫時期は3シーズンに分けることができるようです。

シークワーサーは収穫時期によって熟し方が違うので収穫時期によって色々と楽しむことができます。

青切りシークワーサー

収穫の始まりである8月後半から9月に収穫するシークワーサーは「青切りシークワーサー」と言われます。

青切りシークワーサーとは未成熟のシークワーサーですね。フレッシュ感と言うより酸味が強いため香りを楽しんだり、薬味的な使用方法が主な利用方法になります。

しかし、青切りシークワーサー果汁ジュースも販売されています。かなりインパクトがあるようですね。

青切りシークワーサーの食べ方は、果汁を沖縄の銘酒である泡盛に入れて風味を楽しんだり、レモンと同じように唐揚げや焼き魚などにも使用します。
沖縄の名物魚グルクンの唐揚げとシークワーサー、それに泡盛となると最高ですね。

熟したシークワーサー

10月から12月中旬までに収穫したシークワーサーは程よく熟しています。
フレッシュ感と熟成感、そして酸味が程よく効いているので「ジュース」として食するのが最高のタイミングになります。

完熟シークワーサー

完熟シークワーサー

12月下旬から2月末位に収穫したものは黄色く熟します。「完熟シークワーサー」とは、この時期に収穫したものを言います。

完熟シークワーサーは糖度が上がっているので、ミカンのように食べることができます。

完熟シークワーサーはジュースとしては流通していますが、果物自体の流通量は少ないようですね。

完熟シークワーサーの美味しさを知ってしまうと、虜になるくらい魅力があるようです。

シークワーサーの味は?

シークワーサージュース

シークワーサーには独特の酸味があります。

果物ですから、熟成度によりかなり異なります。特に完熟前の「青切りシークワーサー」の酸味はかなり強烈です。

これを一言で表現するのはとても難しいのですが、例えば

グレープフルーツとレモンそれにキウイと柚子を足して4等分したような酸味

だと表現する人もいるようです。

沖縄では、この青切りの強い酸味が好まれています。そのためスダチやカボスのように直接、絞り汁を食材にかけて使用します。

やはり少々独特な味なのでしょうか。でも、一度味わうとハマってしまうくらい魅力があるようです。

シークワーサー1日何個まで?

シークワーサー

実はシークワーサーにはノビレチンや、クエン酸などの有効成分が非常に多く含まれています。

例えばシークワーサーに含まれているノビレチンは認知症に有効な成分です。ノビレチンの摂取量に関しては信頼できる機関がマウスを使用して確かめているようです。

この結果、ノビレチンの摂取量は「ヒト」に換算すると、シークワーサーを毎日10個くらい摂取する必要があるようです。さらに効果を求める場合は50個位になるようですね。

これを毎日となると、シークワーサーを生食するには少し厳しいですが、果汁となれば摂取するのは意外と簡単のような気もします。

栄養成分がたっぷり入ったシークワーサージュースは【青切りシークヮーサー100プレミアム】

シークワーサー1日何g・何ccまで?

シークワーサーを食べる場合、適量はどのくらいなのか見てみましょう。

一般に言われているのはシークワーサーを皮ごと絞った原液の状態なら、1日50ml~100mlが適量のようです。

それではシークワーサーの果汁原液100mlとはどの様なものでしょうか。

平均的なサイズのシークワーサーから絞り取れる果汁は約4g~5g位になります。
単純に計算するとシークワーサー20個~25個となります。

とても生食では無理です。このような理由から果汁飲料に人気が集まるのでしょう。

シークワーサーって何科で1日何個何g何ccまで?収穫時期や味もまとめ

「シークワーサー」とは別名ヒラミレモンと言われ、本来台湾や南西諸島周辺に自生するミカン系の柑橘類です。

元々シークワーサーと呼ぶのは沖縄県で生産、出荷されたヒラミレモンだけでした。
しかし、近年、テレビなどの影響で需要が増えて供給バランスが崩れてしまったようです。

このため類似品として四季柑(シキカン)等が流通しています。
シークワーサーと四季柑は「似て非なるもの」であり、含まれる成分も異なっています。

このため、沖縄県では科学的な調査で有効成分が認められているシークワーサーを独自のブランドとして守るため「沖縄シークワーサー」として商標登録を進めているようです。

シークワーサーは収穫時期によって楽しみ方が変わります。
特に、青切りシークワーサーを生食する場合には効能の期待より香りや味など素材そのものを楽しむことをお勧めします。

果汁を飲む場合は100ml程度が推奨されますが、シークワーサー果汁をストレートで飲む場合は少ないでしょう。多くの場合、何かと混ぜて飲用すると思います。

特に、青切りシークワーサー果汁ジュースはかなり刺激が強く、体に「活」を入れるには最適かもしれません。

シークワーサーに含まれる有効成分には即効性はなく漢方のようにゆっくりと効いてきます。

ですから、シークワーサーの素材を楽しみながら、長い目で見てシークワーサーの成分の効能を期待するのが良いのではないでしょうか。

シークワーサージュースの公式サイトはこちら【青切りシークヮーサー100プレミアム】


こんな記事もあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。